FC2ブログ

Entries

11/25エコアップ隊~カヤネズミの巣・草地の保全@馬入水辺の楽校

IMG_1878re.jpg

11月25日(日)、馬入水辺の楽校(神奈川県平塚市)でエコアップ隊の講師を担当しました。
テーマはカヤネズミの巣の観察と草地の保全です。

この日は日差しもあり、暖かい日だったので、小さな生きものたちも姿を見せてくれました。
上の写真は、陽だまりで休むモンキチョウです。

こちらは、アキアカネ。

IMG_1894re.jpg

そのほかにも、ヤマトシジミ・オンブバッタ・ツチイナゴ・コバネイナゴ・オオカマキリ(卵のうも)・ナナホシテントウなどが見られました。明るい草地が好きな生きものたちです。

ところで、肝心のカヤネズミの巣は、見つけることができませんでした。
昨年の秋もほとんど見つけられず、今年の初夏の繁殖が心配でしたが、初夏から夏にかけては巣が複数見られたのでした。

今回も、ちゃんとどこかで暮らしてくれているといいのだけど。

これから寒い冬に向かって、こうした草地は生きものが冬越しをするうえでも、大切な場所になります。
上記のような小さな虫たちもそうですが、この日はホオジロやシジュウカラといった小鳥たちも、オギ原に来ていました。

盛んに茎をつついていますが、何をしているのでしょう。
子どもたちがその答えを見つけてくれました。

IMG_1902re.jpg

オギの茎を割ってみると、こんな芋虫や蛹、クモなどが棲んでいたのです。
住処を壊してしまったこの生きものたちには、かわいそうなことをしてしまいました。
が、茎の中にこんな生きものがいて、小鳥たちの大切な食料になっているということが、わかりました。

こうした観察は、時にほかの生きものを犠牲にしてしまう(今回は上記のような芋虫など)のですが、自分の目で確かめることを大切にしたいので、行っています。
ですが、必要最小限にするような言葉を(理由も含めて)きちんとかけていくことで、「遊んでもいい、採ってもいい、しかし節度を知れ」という気づきにつながるよう、配慮したいと考えています。

さて今回も、この草地を良い状態で保つための作業-ここではセイタカアワダチソウの駆除を、10月に引き続きすることにしました。

★10月の作業の様子はこちら

抜く前に、コドラート(試験区)を確認。奥の白い穂がオギ、手前はセイタカです。

PB250121re.jpg

セイタカアワダチソウを今年2月に「刈った」所が、最も密度も高く再び生えていました。
しかし、「抜いた」所でも面積の3割くらいは、丈こそ低いものの生えていて、セイタカの強さを感じました。

引っこ抜き開始!

PB250131re.jpg

抜く前↓

IMG_1891re.jpg

抜いたあと↓

IMG_1911re.jpg

こうした保全作業は、今後も、根気良く続けていくことが大切です。
かつては、人間の暮らしの営みの環(わ)の中で保たれていた草地ですが、私たちの暮らしが変わったので、このような機会を意識的に作っていくことが必要ですね。



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック