FC2ブログ

Entries

ぬらし絵×ネイチャーゲーム

IMG_1798re.jpg

11月中旬、「シュタイナー×ネイチャーゲーム 自然を楽しみ、ぬらし絵を描く休日」に参加しました。
社団法人日本ネイチャーゲーム協会主催)

東京都内の閑静な住宅街にある「おもちゃ箱」さんにて実施。

最初は、付近を歩きながら自然を発見する<ディスカバーウォーク>を行いました。
ちょうど、木々が美しく色づいたり、山茶花の花が香っていたりしていたので、のんびりと散歩をしながらそんな自然の様子を楽しみました。

IMG_1791re.jpg

帰ったら、早速ぬらし絵にとりかかります。
材料はこんな感じ。

IMG_1788re.jpg

3原色の絵の具、太い平筆、画板、筆を拭く布、筆洗です。
水に浸した画用紙を画板に置き、描いていきます。

ぬらし絵(にじみ絵)は、シュタイナー教育でよく取り入れられる手法です。
私は、前々から自分も体験したい!と思っていました。念願叶う、です。

今回は、まず好きな1色だけで描き、次に2色、最後に3色、というように段階を踏んで3枚描くことになりました。
私が描いた1枚目。

IMG_1799re.jpg

白い紙に、青い色がじわじわとにじんでいくのが、細い細い毛細血管を通っていくようで、また何かの結晶のようでもあり、そんなことを楽しみながら描いていたら、こんなふうになりました。だから、すき間がいっぱい。

2枚目。

IMG_1800re.jpg

赤と黄色を使いましたが、なんだか血の色みたいな感じがして、あまり楽しめなかったなあ。
黄色は好きな色なのだけど。
それで、早々に3枚目へ。

IMG_1801re.jpg

青い色がとても気に入ったので、こんなふうになりました。

この日、講師の椎名さんの言葉で印象深かったのは、「出来上がった作品は、いわば抜け殻のようなもの」ということ。

物を描くのでもなく、「色を味わう」その「過程」こそが大切である、ということです。

「うまく描こう」とか「上手だね」とかいうこととは一切関係の無いこと。
心のおもむくままに、色を置いていく。
色がにじんでいくので、それが楽にできるのです。また、だから面白くもあります。

また、やってみようと思います。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック