FC2ブログ

Entries

11/4森あそびコミュニティ もりのこ 第6回~森と放射線~

IMG_1734re.jpg

森のようちえん 葉山 もりのわでは、月に1回「森あそびコミュニティ もりのこ」を開催しています。
地域の小学生と、もりのわの親子がやってきます。

私は、こちらの方もお手伝いをさせてもらっています。
11月のテーマは「森と放射線」でした。
いつものフィールド、森戸川です。

ここでは、私の個人的な感想を書いてみます。
「もりのわ」のブログもぜひご覧ください!

放射線について、子ども向けにわかりやすくお話をするために、川原へと向かいましたが、その途中で子どもたちの集中力を高めるために、ネイチャーゲーム<同じものを見つけよう>を行いました。

私が予めその場所で拾ったものをバンダナの上に乗せて、30秒くらいだけ見せて、みんなも同じものを拾ってくるというものです。

この時集めたもの(カッコ内はおもなねらい)
・ムクノキの葉っぱ(手触り)
・スギの葉っぱ(手触り・におい・どこから落ちた?
・スギの実(同上・葉っぱとペア)
・手で簡単に割れる石(なぜだろう?)
・ばらばらになったサワガニの死骸の一部(どうしてこうなった?)

活動的なエネルギーに満ち溢れている子どもたちの興味を、その場の自然へと、引きつけることが少しずつできたようです。

川原への道のりでは、いろんな生きものにも出会いました。
一番上の写真は、ハダカホオズキの実を抱えている(ような)サワガニ。
新体操の選手みたい!?

ヒミズの死骸にも出会いました。
ヒミズはモグラよりも表層付近で生活するので、手足もモグラほど土を掘る仕様にはなっていませんね。

IMG_1738re.jpg

川原でのお話は、もりのわ代表のIさんが考えてくれました。
お話の内容など、詳しくはこちらを見てください。

お話は、子どもたちともやり取りしながら、進められていきました。
その中で私が最も印象に残った言葉は、
「原発について、みんながおとなになったらどうしたい?」
→「たくさん考える」

たくさん、考える…。
そうだ、それは重要なことだ、と思いました。

お話のあとには、おとなたちだけで話をする時間も作りました。
話してみると、それぞれいろんな思いや意見、経験などがポロッポロッと出てきます。

たくさん考えて、それを誰かに伝えること、人の話を聞くこと、また考えること。
そして行動。

シンプルですね。

川原では、震えるトンボがいました。ミルンヤンマかな?
IMG_1744re.jpg

このトンボを見つけた男の子は、お母さんに見せたいから、持って帰ると言いました。
でも、このトンボはこの場所が好きなんだよ。と、話してもなかなか納得できない様子。
そんなやり取りをしている最中に、羽が乾いたのか、トンボは大空へと飛んで行きました。

今日のお話、いろんな生きものとの出会い、周りの人たちとのやり取り…。
どれも、いつか子どもたちが思い出すことがあるでしょう。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック