FC2ブログ

Entries

11/2とんぼガーデン調査管理班@共働舎

DSC02873re.jpg


共働舎(横浜市泉区、運営:社会福祉法人開く会)は知的障がいのある方の通所型の授産福祉施設です。

そこには小さな水辺ビオトープ「とんぼガーデン」があり、利用者さんや職員の方の憩いの場ともなっています。
2007年にこのビオトープの改修を担当させていただいて以来、様々な形でプログラムの提供を行い、維持管理と活用のお手伝いをさせていただいています(受託:人と自然の研究所)。

今年度は、利用者さん8名と共に、とんぼガーデンの生物について調査し、それと関連付けながら維持管理作業をしていくことになり、11月2日に第3回が実施されました。

★第1回の様子はこちら
★第2回の様子はこちら

毎回まず最初に、ビオトープの状況を目視で調査し、シートに記入します。
皆さん、かなり慣れてきました。
水色、水深、護岸の状況、水生植物の繁茂の具合などを見ていきます。

そして、前回に続いて陸生の草本類の除草を実施。
前回決めた担当植物を、今回も抜いていきます。
こちらも、スムーズに進みます。

DSC02886re.jpg

また、樹木の剪定も前回に引き続き行いました。
明るい環境を取り戻すためです。
基本的に草地優先にするため、幼木も切りました。

DSC02911re.jpg

樹冠を覆っていたエビヅルは、3本の株を2本に減らしました。

さて、今回はこれ以外に大仕事がありました!
案内看板の設置です。

このビオトープのコンセプトとして、生きものがたくさんやってくる環境づくりを進めるために、トンボを指標としていることなどをわかりやすく伝えたものです。

仕上げのニス塗り。

DSC02907re.jpg

実は、裏面には調査管理班全員のサインがあります

無事、設置完了!

DSC02943re.jpg

設置前の様子はこんな感じでした。
環境も、かなりスッキリしました。

DSC02862re.jpg

この看板を、共働舎の利用者さんはもちろんのこと、地域の多くの方にも見ていただけたらな、と思います。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック