FC2ブログ

Entries

10/24田んぼの生きもの観察@環境エネルギー館

IMG_1607re.jpg

東京ガスが設立・運営する環境エネルギー館(横浜市鶴見区)で、今年度5回に渡り「田んぼの生きもの観察」を担当させていただいています。

これは、環境エネルギー館の田んぼ(+池・湿地)の生きものを、インタープリターの方とともに採集・観察・調査していくというもの。(一般の参加者はいません)

★第1回・第2回→こちら
★第3回→こちら

10月24日には第4回を実施しました。

写真は池の様子です。下の段の田んぼが少し見えます。
9月に稲刈りを終え、1ヶ月以上。
「ひつじ」と呼ばれるひこばえが出て、実をつけているものもありました(これは鳥にはごちそうなんだろうな~)。


トンボの幼虫、ヤゴを中心に観察しながら、環境を見ていますが、今回はヤゴ以外でこんなラブリーな生きものも。

IMG_1639re.jpg

蚊の幼虫、ボウフラです!
こうしてマジマジと見ると、その体のつくりの面白さに何ともいえない愛嬌を感じます。

ボウフラは、この水中の食物連鎖では、肉食のヤゴに食われる立場ですね。

ヤゴも、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、アオモンイトトンボ、ギンヤンマ、クロスジギンヤンマ、などが確認できました。

こちらはギンヤンマのヤゴ。まだ生まれて日が浅いので、小さいです。
ヤゴたちは、このまま水中で越冬して、来年の春~夏にかけてトンボになって大空を舞います。

IMG_1625re.jpg

インタープリターの方々とは、生きもの観察の前に、ビオトープ全体の様子を時間をかけてよく観察します。
水の透明度、臭い、水位、護岸の異常、植物が水面を覆っている割合etc.
これもまた、環境を見る力を養う、大事な作業なのです。

次は、冬に実施する予定です。
どんな様子になっているでしょうか。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック