FC2ブログ

Entries

10/21学芸の森で感じ、考える~ホリスティック・ライフスタイル@学芸大学

IMG_1605re.jpg

学芸大学(東京都小金井市)の森には、まばゆいばかりの秋の光が降り注いでいました。
この企画、副題に、「自然・自分・仲間とつながる生き方」とついています。

★主催:NPO法人日本ホリスティック医学協会 関東フォーラム委員会

小森伸一さん(日本ホリスティック教育協会事務局長・東京学芸大学准教授)、
降矢英成さん(NPO法人日本ホリスティック医学協会副会長)
のお2人と共に、私も社団法人日本ネイチャーゲーム協会ネイチャーゲームインストラクターとして、講師を務めさせていただきました。

IMG_1598re.jpg

小森さんが「仲間とつながる」、降矢さんが「自分とつながる」、私が「自然とつながる」をおもなテーマにして、それぞれがミニ・ワークショップを行いました。

私は、上の写真の「農場」にて、1枚の落葉から手触り、におい、色、音などを感じるワークを行い、さらにこの素晴らしい景色の中にいくつもの色を見つける<色いくつ>というアクティビティを行いました。

その後、ペアになって<カメラゲーム>を実施。
仲間との信頼関係を育み、自然の美しさを心に飛び込ませ、わかちあうアクティビティです。

IMG_1599re.jpg

小森さんは、仲間作りやコミュニケーションを促進する楽しいグループワークをやってくれました。
ドキドキ、ハラハラしながらも、笑いの絶えない、楽しい時間でした。

降矢さんは、大きな大きなケヤキの木(1番上の写真)などがある森で、樹林気功をしてくれました。
一人ひとりが1本の木と向き合い、ゆっくりと呼吸をしながら、気を交換していきました。
ひたすら、気持ちのいい時間でした。

IMG_1456re.jpg

ワークショップ後の全体でのトークセッションでは、「忘れていた感覚(子ども、遊び、自然…)を思い出した」「よろいかぶとを脱げた」「体も楽になった」「私たちおとなが生き生きとしたエネルギーに満ちていることが、子どもにも伝わるのではないか」「普段使わない感覚を使った。都会でもできると思った」などの感想が聞かれました。

ホリスティックな視点で考えるライフスタイル。
私は、自然に寄り添った暮らしと、自分自身の心と体の声に耳を澄ますこと…が大切なのかなあと思っています。
そこには、おのずと人や社会とのつながりも、生まれてくるのではないかなと思います。

実は、私が「ホリスティック」に出会ったのは、1997年でした。
『きらきらゲーム』という本を読んだのがきっかけでした。

その後、無意識の内に、私の大切な指針として、それは存在していたと思います。
15年を経て、このようなかかわりを得たことに、不思議な縁を感じています。


*「ホリスティック」は「全体」「つながり」「統合」などと訳されています。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック