FC2ブログ

Entries

10/6エコアップ隊~草はらの生きもの・保全とバッタとばし@馬入水辺の楽校

PA061977re.jpg

10月6日(土)、馬入水辺の楽校(神奈川県平塚市)でエコアップ隊の講師を担当しました。
今回は「秋祭り」の一環としての開催です。

テーマは草はらの生きもの・保全とバッタとばしです。

ここ馬入水辺の楽校の広い草はらは、相模川河川敷に広がっています。
バッタ類をはじめ、ノウサギ、カヤネズミ、マツムシ、セッカなど、草はらをすみかとする
生きものが多く暮らしています。

その草はらをセイタカアワダチソウが侵食し、これらのすみかを圧迫しています。
(園路からの写真、奥の白い穂がオギ、手前の黄色い部分がセイタカアワダチソウ)

IMG_1451re.jpg

そこで、今回はセイタカを抜く作業を実施しました。
おとなも子どもも、一生懸命に抜きました!

PA061944re.jpg

成果をご覧あれ。

テープで区切った所(真ん中)が抜いた所、両脇にはセイタカが広がっています。
突き当たりは、オギ原です。

IMG_1446re.jpg

まだまだ、セイタカはあるので、このあとも何とか駆除を考えないといけないです。

前半の保全作業のあとは、この草はらで暮らすバッタを捕まえて、観察。
やはり生きものを追いかけている時が、一番楽しそう(おとなも、子どもも)。

PA062005re.jpg

そして、恒例!バッタとばし!
この子はトノサマバッタを飛ばそうとしていますね~。

DSC00641re.jpg

1位はツチイナゴ33m、2位はトノサマバッタ27m、3位もトノサマバッタ20mでした!
ツチイナゴがこんなに飛ぶのは、ちょっと意外な感じがしました。

こうしたバッタたちが、いつまでも元気に暮らせる草はらを、守り育てる人としての活躍を期待する文言を入れた「記録証」を、一人ひとりに手渡してしめくくりました。

★この日の様子は、平塚市民プレスにも掲載されています→こちら
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック