FC2ブログ

Entries

9/30自然観察会・昆虫~草はらでバッタを見つけよう@境川遊水地公園

IMGP0286re.jpg

9月30日(日)、境川遊水地公園(横浜市戸塚区・泉区)主催の「自然観察会・昆虫~草はらでバッタを見つけよう」で講師を担当しました。

当日は、幼児や小学生の親子21名の方が集まりました。
台風の接近が気になりましたが、お天気は晴れ

まずはバッタの採集から!
基本は素手で。途中から、網の貸し出しもしました。

最初は逃げられてばかりだったけど、だんだん慣れてきました。

採集したバッタたちを、配ったチャートを見ながら
バッタ・コオロギ・キリギリスの3つに分類。

それぞれの「からだのつくり」と「すみか」には深~い関係があることに
気づいてもらいました。

特に今回は、脚先に注目!
各自、虫眼鏡でじっくりと観察してもらいます。

IMGP0304re.jpg

バッタの脚の先には何があった?
吸盤だよ!!
(写真はツチイナゴ)

IMG_1298re.jpg

脚先にある、琥珀色の丸いものがそれです。

私が最初にこれに気づいた時は、もうビックリ!
ええ~バッタの脚の先って、こうなってるんだ!

★境川遊水地公園のブログでは、もっと拡大したいい写真が見られます→こちら

さて、どうしてこうなっているかは、すみかと関係があります。
ヒントは、地表で生活するコオロギには、吸盤がありません。
(答えは一番下にあります)

観察のあとは、バッタたちをもとのすみかに帰してあげました。

最後に、今回の目玉?「第1回バッタオリンピック」!
各自が遠くに飛びそうな「選手」を選び、飛ばしました。

IMGP0316re.jpg

盛り上がりましたよ~♪
中には「場外」まで飛ぶものも!

IMGP0323re.jpg

優勝は、この場外に飛んでいったトノサマバッタでした。
2位もトノサマバッタ(21.7m)、3位はクルマバッタモドキ(3.8m)でした。

身近な遊び場、草はら。
楽しかったね。
草はらに棲む虫たちとも、仲良くなることができたかな?

【アンケートより(一部)】
・イナゴなどに吸盤があったのを初めて知り、びっくりした
・親子で楽しめました。またこういう企画があったら参加したいです

★バッタの吸盤:バッタ(特にイナゴ類、ショウリョウバッタ、オンブバッタなど)は、ピョンと跳んで葉や茎にしがみつきます。その時に、落ちないように、吸盤があるのではないでしょうか。
キリギリスの仲間にも吸盤はありますが、つき方や形が少し違います。こちらは、見ていると葉の上を歩いて移動する様子が見られるので、人間で言う「かかと」の部分に広く接地面があるように感じます。
ぜひ、観察してみてください!
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック