FC2ブログ

Entries

9/24とんぼガーデン調査管理班@共働舎

DSC02321re.jpg

共働舎(横浜市泉区、運営:社会福祉法人開く会)は知的障がいのある方の通所型の授産福祉施設です。

そこには小さな水辺ビオトープ「とんぼガーデン」があり、利用者さんや職員の方の憩いの場ともなっています。
2007年にこのビオトープの改修を担当させていただいて以来、様々な形でプログラムの提供を行い、維持管理と活用のお手伝いをさせていただいています(受託:人と自然の研究所)。

今年度は、利用者さん8名と共に、とんぼガーデンの生物について調査し、それと関連付けながら維持管理作業をしていくことになり、9月24日に第2回が実施されました。

★第1回の様子はこちら

今回は、陸地の植物(草本)の除草を実施。
各自が担当の植物を1つ決めて、まずはその植物をよく観察し、その後に抜き取り、刈り取り作業を行いました。
上の写真は、イノコズチを刈るところ。

除草の対象は、そのほかにセイタカアワダチソウ、ヤブガラシ、コセンダングサです。

担当を決めるというのは、どうやら功を奏したようです。
あれもこれも一度に植物の種類を覚えるよりは、利用者さんもやりやすかったように見えました。

小さな水辺で、しかもそばに建物があるので、なるべく植物による鬱閉感は減らしたいところです。
こうした草本でも、増えれば圧迫感があるということもあり、外来種ではなくても除草を行いました。

同様に、場を明るくするために、前回に引き続き樹木の剪定を行いました。

DSC02324re.jpg

常緑樹を思い切って剪定し(写真はキンモクセイ)、ツルを伸ばしているエビヅルを一部剪定しました。
が、エビヅルの覆いようは思ったより強烈でした!

マントのように、数本の樹木の上を覆っていました。
とても十分な剪定までできず、残りは次回に持越しとしました。

エビヅルは実もおいしいし、秋の紅葉も美しいし、ツルは工作にも使えるので、
うまく剪定して活かしたいと思います。

IMG_1350re.jpg
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック