Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/29 プールのヤゴ救出大作戦!@保土ヶ谷公園

IMG_9669_convert_20160613115756.jpg

5/29(日)、「プールのヤゴ救出大作戦!」が保土ヶ谷公園主催で行われ、講師を担当しました。

定員30名の所、それを超えるお問い合わせがあったようです!
そして当日キャンセルはゼロ!
幼児から小学生、その親、おじいちゃん、おばあちゃんと、にぎやかに始まりました。

保土ヶ谷公園には、浅いプールやスライダーのあるプール、25mプールと、いろんな種類のプールがあります。
まずは浅い噴水プールでヤゴ取りです。
IMG_9665_convert_20160613120220.jpg

プールは地形的に谷間に位置し、稜線上の大きな木に囲まれています。
なので、落ち葉がたくさん溜まっています。
ヤゴが見つかるとそのたびに「いたいた!」などと声が上がっていましたが、違うプールにもヤゴはたくさんいそうです。

シオカラトンボ。
シオカラトンボ(25mプール)_convert_20160613120645

こちらのプールでは壁にくっついているヤゴが肉眼で見えました!
IMG_9679_convert_20160613120255.jpg

25mプールにもたくさんいました。
IMG_9703_convert_20160613120330.jpg

あまりのヤゴの多さに、みんなどんどん夢中になっていきます。

アキアカネ。
アキアカネ(25mプール)+(2)_convert_20160613120532

1時間ほど経ち、そろそろくたびれてきたおとなたち(^^;

自分たちが採集したヤゴを観察したり、同定したり(トンボの種類を見極める)するため、日陰へ。
IMG_9742_convert_20160613120401.jpg

IMG_9744_convert_20160613120428.jpg


ギンヤンマもいました。大きい!
ギンヤンマ(25mプール)_convert_20160613120624


一番多かったのは多分、コノシメトンボ。アキアカネと同じ、赤トンボの仲間です。
コノシメトンボ(25mプール)+(2)_convert_20160613120607

どうしてこんなヤゴがいるのか、トンボの好む環境や生活史、他の水辺環境とからめてのお話もしました。

夏が終ると、管理上、プールが痛まないよう水を抜くことなく溜めておきます。
そうすると、秋にトンボが卵を産んでいくのですね。

翌年春から初夏にかけてトンボになるので、羽化するための足場を作ったりします。
これは立てかけた「すのこ」で羽化した後の殻です。
IMG_9627_convert_20160613131946.jpg

また、ヤゴは羽化できる場所まで意外と遠くまで歩くようで、満水になっていて水際から地上へ行くことができれば、プールから壁までのこのくらいの距離でも歩いてしまいます。
IMG_0381_convert_20160613132151.jpg

壁で羽化したあと。
IMG_0380_convert_20160613132127.jpg


それでもプール掃除が始まる前にトンボになれなかったヤゴを、少しでも救出しようというわけです。


救出したヤゴは保土ヶ谷公園内の池に放しました。
プールと同じように日当たりの良い、開放的な池です。
IMG_9769_convert_20160613120503.jpg

一部のヤゴは持ち帰り、トンボになる様子も観察してもらうことにしました。
生きものを飼育することで、その生きもののことをより知ること、いろんな気づきにつながります。

後日、こんな感想をいただきました。「今朝、トンボに家族で感動、生き物の生命力は、素晴らしい」。
生きものと直にふれあうリアルな体験を、これからもたくさんしてもらえたら…と願っています。


★ご参加者の感想(アンケートより一部抜粋)
・思っていた以上にヤゴがたくさんいて楽しかったです。また参加したいです
・とても良かったです。先生の講義もあり、いろいろ知識になりました。ありがとうございました。来年も参加したいと思ってます
・たいへん興味深く、楽しい経験でした
・楽しかったです!!子どもよりおとなの方が楽しんでいました。とってもいい企画でした!!
・知らなかったことが知れて楽しかった!!
ショウジョウトンボがきれいだった




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。