Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本画体験ワークショップに参加しました


photo by Ougi Nakano

8月上旬、はなうたアートさん主催の日本画ワークショップ@たからの庭(北鎌倉)に参加しました。

OGI_1506_convert_20150817152342.jpg
photo by Ougi Nakano


まずアイの染料とガンボージという黄色い樹液で練習しました。
IMG_0912_convert_20150817152403.jpg


最初に真ん中にアイの筆を置いてすーっと右に引いたら、そこが川になりました。
それは川を泳ぐ青いヘビ。左上は魚たち。
少し前に葉山の川でお腹がオレンジの魚がスイスイ泳いでいるのを見たので、筆がそんなふうに動いたみたいです。

左端は、やはりその時に川で見たヘビトンボの幼虫になりました。
右上は川面を流れる葉っぱ。
真ん中の青い点々は、筆を置いたら円の中心に濃い色が残って周りが薄くにじむのが面白くて、テンテンと打っていたら、カエルの卵みたいになりました。


2枚目が本番。
縦にして描き始めたら、今度は川の中になりました。
上から太陽の光が当たって光の粒がゆらめきながら水底に落ちていく。

他の方が描いた絵と一緒にぶら下げてみました。

IMG_0932_convert_20150817155218.jpg


出来上がった絵を、こうして光に透かしたり、ほかの人の絵と並べたりすると、また新たな美しさを発見したり味わったりできるんだなあと思いました。だから、描いた後のこんなシェアリングも、描くのと同じに楽しかったです。

OGI_1841_convert_20150817152435.jpg
photo by Ougi Nakano


最後に先生を囲んでパチリ。
右から3人目が先生の天内純子さんです。
今回は撮影に写真家の中野扇さん(左端)も参加されていて、素敵な写真をたくさん撮ってくださいました。
OGI_1725_convert_20150817152503.jpg
photo by Ougi Nakano


今回使った「岩絵の具」は日本画用のものでしたが、土や柔らかい石で絵の具を作ってみてもいいなあと思いました。
これは前からやりたかったことなので、いつか必ずやろうと思います。

今回初めて会った方たちでしたが、それぞれに何となくご縁があったのも(共通の知り合いがいたり)、面白いなあと思いました。

暑い暑い夏の日でしたが、緑に囲まれた古民家でなんとも言えないさわやかな時間を過ごしました。

描いた絵は、もちろん我が家で飾って楽しんでいます。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。