FC2ブログ

Entries

土壌講座~春の筑波山を楽しむ~

地点5+(7)_convert_20150403160757

3/7(土)、人と自然の研究所主催の標記講座に参加しました。
講師は筑波大の田村憲司先生。

2013年にビオプロネット研修会でお招きして以来、私にとっては3度目の田村先生の講座でした。
(1度目は別の所で土壌中のセシウムについての講演を伺いました)

今回は、様々な土壌を観察できるという筑波山をフィールドに、4つの地点でそれぞれ違う要素の土壌を観察しました。
土壌のでき方を色や化学反応、手触りやにおいなども駆使しながら教えていただきました。


こちらは「埋没古赤色土」。美しい色です。
過去の温暖化の際に、化学反応を起こしてこのような色になったそうです。
地点1(2)_convert_20150403160512


活性アルミニウムテストでピンクに反応。火山灰が元になっていることがわかります。
地点3+(8)_convert_20150403160607


色もきれいなオレンジ色や、褐色、黒などなどあり、手触りも粘土っぽいものからサラサラまであり。
地点2+(2)_convert_20150403160540

ちなみにこの土色帳(どしょくちょう)、欲しいなあと思って調べてみると2万円もするものでした~

こちらは花こう岩が元になっているマサ土です。
サラッとしています。
地点5+(1)_convert_20150403160718


こうして土と付き合っていくと、安易に表土をはがしたりなんてできないなあと思います。
雑木林の落ち葉かきだって、むやみにやってツルツルにしてはいけないのです。

ふりかえって思うことは、今私たちの目の前にある土壌は、途方もなく長い年月の末にできたものだということ。
その間に、熱で温められて化学反応を起こしたり、火山の噴火の影響を受けたり、水、風、空気、そして植物や微生物、動物の影響を受けたりしてきました。

その土壌の元になっているのは岩石ですが、その岩石がどうやってできたのか?まで考えると、本当にスケールの大きな話で、地球が生まれたとこらへんまでさかのぼってしまいます。

そうすると、今の地球の表面にいる生きもの(人間も)が何だかとても小さな存在に思えてくるのです。

裏を返せば、今地球の表面上にいるすべての生きものの土台なんですよね。

もっともっと土(土壌)のことを勉強したいし、感じたいし、伝えたいです。




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック