FC2ブログ

Entries

1/11 エコアップ隊~草原の保全と秘密基地づくり@馬入水辺の楽校

IMG_1745_convert_20140201210623.jpg

1月11日(土)、馬入水辺の楽校(神奈川県平塚市)でエコアップ隊「草はらの保全と秘密基地づくり」が開催され、講師を担当しました。

冬のオギ刈りを兼ての秘密基地づくりは、恒例になりました。
今年も上の写真のように、少し大きめのものも作ってみました。

やっぱり、こういう空間は何とも言えず、落ち着くんだよね。

丈の高い草に囲まれて座って、草いきれのにおいなどがすると、子どものころの懐かしい感じがよみがえってきます。


さて、基地づくりの前には冬越し中の生きものなどを観察しました。
1本のエノキの根元の落ち葉をそっとめくると…。

ワラジムシ。レースになった落ち葉が美しい。
IMG_1732_convert_20140201210351.jpg

くっついてあったまるマルカメムシ。
P1115253_convert_20140201210426.jpg

ゴマダラチョウの幼虫。
P1115252_convert_20140201210456.jpg

草はらではカワラケツメイが種をはじかせていました。
IMG_1724_convert_20140201210314.jpg

草はらの保全作業では、セイタカアワダチソウの駆除も実施しました。
P1115285_convert_20140201210547.jpg

午後は、「相模の国から自然塾~草地管理現場講習会」を引き続き実施。
刈り払い機(草刈り機)を使って、オギ刈りの範囲を広げました。
IMG_1752_convert_20140201210653.jpg

私も、刈り払い機でオギを刈りました。
刈ったオギは、エコスタック(生きものの棲みか)も兼ねて、積みました。
IMG_1754_convert_20140201210725.jpg

草はらを維持するためには草刈りが必要なのです、(どんな草はらにしたいかによって回数は変わります)。オギ原維持の場合は、年に1回程度です。

春、またセイタカアワダチソウは抜かないとダメだろうなと思います。
なかなか駆除の難しい植物です。

今回は少し広い範囲のオギを刈ったので、春以降、どんな状況になるか要観察です。
今後、「草はら保全のノウハウの蓄積、記録」も意識したいと思います。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック