FC2ブログ

Entries

初級編!昆虫標本作成講座@人と自然の研究所

IMG_0698re_convert_20131002143258.jpg

8月下旬の2回に渡り、標記講座が都内の人と自然の研究所(NCI)事務所にてあり、私も受講しました。
受講生です!講師は時々仕事でご一緒する三森典彰さん(FORESTTHREE代表)です。

私は昆虫大好き少女だった割には、きちんとした標本を作ったことはありませんでした。
そんなこともあり、一度学んでおきたかったのです。

上の写真は、私が以前拾った「死んだタマムシ」を、この講座で標本にしたものです。
(待ち針は固定後に抜きます)

標本前はこちら。
IMG_0692re_convert_20131002143229.jpg

触角もほとんどなく、足もかなり切れていたので、展足(足を伸ばして整え固定すること)せずに、足をしまいこんだ形で標本にしました。少し開いていた羽をきちんと固定しました。

比べてみると、標本にせずただころんと転がっているよりは、標本にした方がわかりやすく目に映ります。

2回目は、チョウの展翅(羽を広げ整えること)をしました。
前回もそうでしたが、身近な材料で標本用具を作成することも教えていただきました。

このようにウレタンマットを切り、
IMG_0745_convert_20131002143620.jpg

こんな展翅板ができました。
IMG_0746_convert_20131002143550.jpg

ところで。

標本のためにわざわざ生きものを死なせることには、どうも抵抗があります。
研究の目的で必要な場合はできるかも、と思いますが、単純にコレクター的な趣味としては、あまり気がすすみません。(今回の講座も、環境学習に活かしてもらうのがねらいと思います)

しかし。

実際に標本を作ってみて感じたことは、生きものの体のつくりをよく知ることができる…ということ。
生きている生きものは自分の自由に扱えませんが、死んでしまって動かない生きものは、じっくりと手に触れて観察することができるのです。

以前、あぜ道でたまたま死んでしまっていたゴイサギ(←鳥です)を手に取り、翼を開閉してみて、その精巧な作りに驚嘆したことがあります。

これからも、「たまたま出会った、命を落とした生きものたち」を手に取ってじっくりと観察したり、いたみの少ないものは今回学んだことを活かして、標本にしたりすることがあると思います。

この日に作ったのはアサギマダラの標本でした。
IMG_0749_convert_20131002143648.jpg

それにしても。

思えば、子どものころから今に至るまで、実に多くの虫たちを殺してきたことかと思います。
トンボの羽をむしったり、世話できずに死なせてしまったカブトムシがいたり。

こんな数々の虫とのやりとりが、今の私の「何か」を作っているのだろうとも、思うのです。

だから、私は子どもたちが生きものを採ることを否定しません。むしろ、勧めます。
経験の中から、子ども自身が何かを感じとり、つかみ取ってほしいと思います。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック