FC2ブログ

Entries

3/3森あそびコミュニティ もりのこ 第9回~春をさがそう&外来種について考える

IMG_2437re.jpg

森のようちえん 葉山 もりのわでは、月に1回「森あそびコミュニティ もりのこ」を開催しています。
地域の小学生と、もりのわの親子がやってきます。
私は、こちらの方もお手伝いをさせてもらっています。

3月のテーマは「春をさがそう&外来種についてかんがえる」でした。いつもの森戸川林道です。
ここでは、私の個人的な感想を書いてみます。
「もりのわ」のブログもぜひご覧ください!

外来種の中でも、タイワンリスを取り上げました。
上の写真は、タイワンリスに樹皮をかじられた木です。白くなった部分が、かじられた所。
地面には、はがされた樹皮が落ちています。
みんなで観察しました。
ひどくなると、水分や養分を通す大事な部分がなくなってしまい、木が枯れてしまうこともあります。

考えるべき大切なポイントはなんでしょうか。
タイワンリスが単なる「悪者」なのではなく、そもそも連れてきて野外に放した「私たち」人間の責任であること。
こうしたことを今後起こさないために、飼育している生きものを野外に放したり、別の場所で捕まえた生きものを安易に放したりしてはいけないこと。
…ではないかと私は思います。そんなことを、この日もみんなで考えてみました。
一人称「私はどうする」で考えることが大切だと思います。


林道を歩きながら、「春」やそのほかいろんな発見を楽しみました。
これは、拾ったシュロの茎のギザギザしている所で、笹を切ろうとしているところ。
本当に切れたよ!
IMG_2424re.jpg

エノキの根元には春を待つゴマダラチョウの幼虫。
IMG_2426re.jpg

小さな広場で、それぞれが見つけた「春」をスケッチしました。
IMG_2433re.jpg

林道入り口の水溜りには、なんとヤマアカガエルが卵を産んでいました!
IMG_2422re.jpg
IMG_2421re.jpg
いずれ干上がる水溜り。子どもたちも、とても心配していました。
(この日は道具が無かったので、後日、もりのわで卵を救出しました。)

1年間のもりのこの活動が終わりました。
また5月から始まる予定です。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック