Archive [2016年03月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

3/12 野外体験教室Kid's Outdoor School@林試の森公園

3/12(土)、東京都の林試の森公園でのイベント「野外体験教室Kid's Outdoor School」のガイドツアーで企画・実施協力をさせていただきました(主催:林試の森公園、企画:NPO法人東京学芸大こどもみらい研究所)。林試の森公園はもともと林業試験場だっただけに、様々な種類の木が植えられています。それらの木とふれあうためのコースがいくつかあり、今回はその中の1つを地図を見ながら12種類13カ所の木を回りつつ、「木を感...

2・3月のネイチャーキッズ@北加瀬こども文化センター

北加瀬こども文化センター(川崎市)の「ネイチャーキッズクラブ」。月に2回、15時半~16時45分の中で、子どもたちとネイチャーゲームや自然遊び、ビオトープ作り、自然観察などを楽しみます。今年度は小1~小4まで、年度途中でもだんだんと人数が増え、20人近くが参加しています。嬉しいですね。このブログでは、2か月ごとにその様子をレポートしています。2月1回目。タネから育てた和棉の実で、今年は糸紡ぎに挑戦することにし...

3/13 水辺の生きもの観察会@保土ヶ谷公園

3/13(日)、保土ヶ谷公園にて「水辺の生きもの観察会」が開催され、講師を担当しました。少し肌寒い日でしたが、約20人の親子が参加。保土ヶ谷公園に水辺はいくつかありますが…今日は「プール」へ!冬の間も水を張っているプールは立派な「水辺」、どんな生きものがいるでしょうか。1ミリくらいの小さな生きものがうじゃうじゃと水中を動き回っています。透明のカップに汲んで、観察してみました。見えたものは、これ!ミジンコで...

3/5 草地を守るものづくり~オギの編み細工@境川遊水地公園

3月5日(土)、境川遊水地公園(横浜市戸塚区・泉区)主催の「草地を守るものづくり~オギの編み細工」で講師を担当しました。今年でこの「草地を守るものづくり」シリーズも4回目となりました。この講座の特徴は、いわゆる「クラフト作成」だけではなく、その素材について観察し、草地を守ることとどうつながるのか作業を通して理解し、そして自分で集めた材料で作る、という一連の流れにあります。オギの生える草地の足元には...

2/25 とんぼガーデン調査管理班@共働舎

共働舎(横浜市泉区、運営:社会福祉法人開く会)は知的障がいのある方のための、障害福祉サービス事業所です。そこには小さな水辺ビオトープ「とんぼガーデン」があり、利用者さんや職員の方の憩いの場ともなっています。2007年にこのビオトープの改修を担当させていただいて以来、様々な形でプログラムの提供を行い、維持管理と活用のお手伝いをさせていただいています(受託:人と自然の研究所)。利用者さん4人とともに、今年...

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。