Archive [2015年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

活きる植物療法講座~ハーブで風邪対策@グリーンフラスコ

先日、グリーンフラスコ主催の標記講座に参加してきました。私は風邪をひいたりするとノドをやられる傾向があり、人前で話をすることも多いのでそうなったら致命的…。何とかしたいとあれこれ対策をしていますが、今回こちらの講座の案内を見て、参加することにしました。講師は、植物療法士の藤原一枝さん。理論だけでなく実践だけでなく、短い時間にその両方をギュッと詰めてくれた、講座でした。特に毎日の暮らしで続けていける...

12・1月のネイチャーキッズ@北加瀬こども文化センター

北加瀬こども文化センター(川崎市)の「ネイチャーキッズクラブ」。月に2回、1回約75分の時間の中で、子どもたちとネイチャーゲームや自然遊び、ビオトープ作り、自然観察などを楽しみます。おもに小学校低学年の子たち7~9人です。12月1回目。上の写真は何をしているところでしょうか。答は、和棉のふわふわの実を摘んで、糸をよっているところです。子どもたちはこんな手仕事が大好きです。その和棉の実もそろそろ終わりです...

HP「おすすめの本たち」更新しました~『自然欠乏症候群』~

HPの「おすすめの本たち」を更新しました。『自然欠乏症候群』です。12月に出たばかりの本。私は欠乏してないよね!と思いきや、この本の「自然欠乏症候群」チェックリストを読むと、ムムム…。自分自身の暮らしや生き方をもふりかえる良い機会になると共に、自然体験の場を提供する者としても、「なぜ自然(体験)が必要なのか」を人に伝えるうえで考えを深めることのできる1冊です。ぜひこちらをご覧ください。...

田んぼの仕事~荒起し(11月)

昨年11月に行った荒起しのことを書くのを忘れてました~。今さらですが、書きます。ちなみに、荒起しは12月初旬の大雪から3月初旬の啓蟄の期間は行わないことにしています。(冬越しの生きものに配慮して)稲刈りのあと、稲株だけが残る田んぼ。鍬を入れると、土や株のすき間から小さなクモがたくさん走り出てきました。途中で休憩。耕した所と、まだの所。今1月~2月にかけては、積んである堆肥をふるって田んぼ入れる作業...

真冬も元気!ツチグリ

舞岡公園(横浜市)の生物環境部会の会合帰り。少し前から気になっていたツチグリの写真を撮りました。外皮の網目模様がきれいだな~。ほかにもたくさんあって、星の形に裂けた外皮は、6裂~8裂が観察できました。こんな真冬にも生えるんですねえ…。...

お正月にページをめくった本たち

正月に日々こなすべき仕事からほんのちょっと離れて、ページをめくった仕事関係の本(なんか矛盾してる?)。ページをめくった…なので、まだ全部読んでない本もありますが、年頭に当たり今後のことを考える意味でも出会って良かった!と思う本3冊をご紹介します。①山本紀久『造園植栽術』彰国社(上の写真)ビオトープ仲間で造園業のTさんから教えてもらった本。単に造園の技術の本ではなく、日本の自然というマクロな視点から概観...

七草がゆのすすめ

1月7日は七草です。このことは今日書いておかないと~!と思って急いで書いています。と言うのも、7日の朝に七草がゆを食べようと思ったら、6日の夕方までに七草を手に入れないといけないのですが、摘んでくる場合は別として、八百屋やスーパーなどで買う場合は今日か6日の昼ぐらいまでに買っておいた方が良いからです。以前、6日の夕方に買おうとしてどこも売り切れだったことがあります…。さて、「七草」は1年の五節句の...

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。2015年が始まりました。私は今晩からそろそろ仕事始めです。フリーランスで仕事をしていると、完全に仕事から離れる日は、1年の中でも数えるほど。その「数えるほど」が年末年始です。年末は家事などで大忙がしなので、のんびりできるのは正月の3日間くらい。リフレッシュして、今年1年初心に帰り、人が幸せに生きる鍵である「自然とのふれあい」「人とのふれあい」の場やきっかけを、多く...

ご案内

プロフィール

あおぞら自然共育舎

Author:あおぞら自然共育舎
あおぞら自然共育舎代表、自然案内人 早川広美です。
自然と人をつなぐ仕事をしています。
モットーは「体験による気づきを大切に」。

横浜市在住。
ニックネームはヒロリン。
里山保全歴10年以上、でもわからないことだらけ!

・ネイチャーゲームインストラクター
・ビオトープ管理士
・ハーバルセラピスト
・森林セルフケアサポーター

ホームページは、aozorashizen.comです。
こちらにもぜひお立ち寄りください。

フェイスブックは「あおぞら自然共育舎」で検索または上記HPよりアクセスできます。
どなたでもご覧になれます。

直接のお問い合わせは
info★aozorashizen.com
まで、お気軽にどうぞ!(★を@に変えてくださいね)

*このブログの文章及び写真を無断で使用することはご遠慮ください。

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。